私はセーラームーンになれない。

80's産トランスジェンダーの備忘録

‪「TVのイケメンコンテストに出させられ、そこでいっこく堂の『声が遅れて聞こえるよ 』と『 親指が切断された様に見える芸 』を披露させられた話」‬

 


‪ハァイ‬
‪34歳、童貞です!‬

 

‪みんな元気?‬

 

f:id:Dragibuuuuus:20180413140919j:image

 

 

 

 

 

‪-----------------------------‬

 

 

 

 


‪何故かオカマバーで働いていた18歳当時、よくわからないロリというか最早ぺド?ってレベルの低年齢アイドル集団がやってるBSだかスカパー系の番組(※アイドル名誰かご存知ないでしょうか)の中の1コーナー「イケメンオーディション」に出ないかと、仕事終わりの朝の歌舞伎コマ前でスカウトマン(※ドレッド、青のカラコン、上下ケミカルデニム、黒肌、今思ってもお前なんかキメてんだろという風貌だった)にスカウトされた事があった‬

 

f:id:Dragibuuuuus:20180413134758j:image

(※画像はイメージです)

 


その時、店でニコイチだったオカマ(※そいつはゲイで普段男、私は家出してそいつんちに住まわせて貰ってた、因みにアレな関係は一切ない)と一緒で、ツレは音楽家志望だった事もあり秒で


「出よ!?」


とその話を聞いた瞬間意気込み、激しく押されるままに、全く興味のなかった私も結局その番組に出る事になってしまった

 

 

しかし肝心のツレは番組に呼ばれる事はなく、謎に私だけ行かされる事になった

 

 

 

彼は憤懣やるかたない面持ちでブツブツ言っていたが、私の方こそ出たくなんて無かった

 

 


とりあえず幾ら貰えるんだか知らんが、金は出すとの事だったので、参加理由はギャラ、私にとってはそれだけだった

 

 

 

 

 


-----------------------------

 

 

 

 


当日は「学生服で来てくれ」と言われていたので、仕方なく男子高校生の男装をして行った

 

 

f:id:Dragibuuuuus:20180413135154j:image

(※画像はイメージです)

 

 

 

待ち合わせ場所は原宿のデニーズ前辺りで、そこには既に番組に参加するんであろうそれらしき男子の集団が大挙していた

 

 

彼らの殆どは話を聞くとどっかの事務所所属の芸能人の卵みたいな子達で、私はとりあえずオカマがバレないよう適当に談笑に興じ、指定された収録現場へ男子らと共に向かった

 

 

 

 


-----------------------------

 

 

 

 

収録現場はどっかのスタジオ(忘れた)だった

 

 


ひな壇にこれでもかという人数の女児?達が居並ぶ中

 

 

「名前を呼ばれたら舞台に出て一芸を披露する、その中で最終的に優勝を決める。優勝者は次回も呼ばれトーナメントに参加する」

 

 

とかいう企画内容を改めて説明され、一芸なんて考えてきてもいないうえに持ってないし、次回出演もお断りだったので、金が貰えさえすれば良かった私は、適当にいっこく堂

 

「声が遅れて聞こえるよ」

 

という例のアレと、ついでに

 

「片手の親指を内側へ折り、もう片方の手で親指を添え、その親指を前へスライドさせると、なんと親指が切断された様に見えるよ〜」

 

という正式名称さえ分からないうえ、この説明で伝わるのか(伝わってますか?)も分からない手品もどきみたいなものをやる事にした

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

 


企画内容を改めて聞かされた私は例のスカウトマンに詰め寄り

 

「今回限りで次回出る気は無いから万が一にも優勝したりしないよね???」

 

と確認した

 

スカウトマンは

 

「もちもち〜☆そうならない様やっとくんで大丈夫だよん☆」

 

と相変わらずキマッてんのか?みたいなノリでウィンクしてきたので私はとりあえず安堵した

 

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

 


その番組の司会は芸人だった(今思えばそこそこ有名人だったような気もする)

 


番組が進行し、やがて件の「イケメンコンテスト」のコーナーが始まった

 


参加者は横並びの椅子に座らされ、各々順番を待つ形になった

 

私はトリ(最後)だった

 

 

 

 

 

コーナーが開始され、芸能人の卵たる彼らは割とガチなイケメンぽい挙動を恥ずかしげも惜しげも無く手馴れた様子で披露していった

 

流石だなぁ

 

などと私は感心していた

 

 

 

 

いよいよ私の番が訪れ

 

「次は不思議宇宙人系王子の〇〇君!どうぞ!」

 

と、完全にイロモノカテゴリですやんと突っ込まざるを得ないよく分からないアナウンスをされ、(なんだこれ??)と思いつつも私はリハでやった通り、舞台中央へモデル歩きで向かったあと、中央へ到達した時点で華麗に一回転をキメた

 

 

 

今思い出してもどう考えてもふざけすぎだし、ギャグだった

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

 

 

 

そして私は暫くの沈黙ののち、例のいっこく堂


「声が遅れて聞こえるよ」


を突然無表情で行い、その後続けて


「親指が切断して見える芸」


を無言で披露した

 

 

 

 

 

 

 


どう考えても狂人のソレだった

 

 

 

 

 

 

f:id:Dragibuuuuus:20180413141649j:image

(※画像はイメージです)

 

 

 

 

 

 


-----------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

私は出番を終え席に戻り

 

(ふざけすぎた…)

 

と思い下を向いてひたすら笑いを堪えていた

 

 

 

 

 

最終審査(?)は件のロリグループのその日の代表メンバーが独断で一番タイプだった人の名を呼ぶ、という何とも緩いルールが採用されており、私は

 

(もういいから早く終わってくれ…)

 

と完全に上の空だった

 

 

 

 

 

 


-----------------------------

 

 

 

 

 


その日代表のロリは黒髪ロングの清楚系、いかにも大人しめな感じの少女だった気がする

 

確か水色のワンピを着ていた記憶がある

 

 

f:id:Dragibuuuuus:20180413140156j:image

(※画像はイメージです)

 

 

 

ドラムロールとスポットライトが回転し、束の間の沈黙のあと、音と光が止まったタイミングで芸人が

 

「それでは〇〇ちゃん!どうぞ!」

 

とロリに問いただした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロリは恥ずかしそうに言った

 

 

 

 

f:id:Dragibuuuuus:20180413140415j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「〇番の……〇〇君」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


-----------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 


「おめでとうございま〜す!!」

 

 

という芸人の嬌声と拍手と共に私は前へ連れ出され、マジでその時の映像が残ってたら私はガチで「は?」という顔をしてたと思う

 

(おいおい、話がちげえじゃねぇか…)

 

そう思いつつ強引にロリの横へ連れ出され、何故か私は顔を赤らめて俯くロリと手を繋がされた

 

 

「それでは、また来週〜!!」

 

という芸人の呑気な締めの挨拶と共に、その日の収録は終わった

 

 

 

 

 

 


-----------------------------

 

 

 

 

 

 

 

収録が終わったあと、参加者の男子らが「やったじゃ〜ん!☆」とか言ってきて、私は苦笑いする事しか出来なかった

 

 


その後、私は速攻スカウトの元へ行った


「あのさ、次回出れないし出る気ないって言ったよね?」

 

「まぁまぁ…wテレビでこういうのはよくあることだからwとりあえず来週の収録も出てよw」

 

スカウトはヘラヘラ笑いながら言った

 

 

 

 

 

 


それから一週間後のロケ日当日、私は収録をブッチした

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以降スカウトには会っていないし、当日、鬼電が来ていたが番組がどうなったのか、コーナーがどうなったのかも全然知らない

 


それ以上にあのガチロリグループの名前が何だったのか

 

 

そしてその後彼女達はどうなったのか

 

 

そっちの方が余程気になる

 

 

 

 

 

 

相変わらず同居人のゲイは

 

「絶対チャンスを掴む、絶対次こそ出る」

 

と意気込んでいたが、その希望が叶う事は無かった
(今何してるんだろう)

 

 

 

 

 

 

 


-----------------------------

 

 

 

 

 

 


今にして思えば、マジであのコーナーの優勝者はその日のロリの独断とタイプで決めてたんだろう

 

しかしよく考えなくてもあの時のあのロリの性癖というかタイプが、どう考えても私には心配で仕方ない

 

 

 

 

どういう感性なんだよ

 

 


絶対こじらせ女子になるタイプでしょ

 

 

 

いっこく堂のあとに親指切断芸を無言でやる男子がタイプってなんだよ

 

 

 

 

むしろ今ならそのロリと仲良くなれそうだわ

 

 

 

 

 

まぁ、一番無難な(無害そうな)奴をロリなりの大人な判断、もしくは自分のキャラ作りのために選んだのかもしれないけど

 

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、最後にこれだけは聞きたい

 

 

 


マジであれがなんていうグループだったのか、知ってる人がいたら教えて下さい

 

 

 

とにかく

 

「滅茶苦茶大人数で年端もいかぬ女児の集団でBS、もしくはスカパーなど地上波以外の放送、確か芸人が司会の番組」

 

でした

 

 


情報提供者には心からの感謝と、マジで判明したら普通になんか贈答品を送ります(多分)

 

 


そしてあの女児が今どうしているのか

 

 

 

拗らせずに幸せに暮らしているのか

 

 

 

それだけが気がかりです

 

 

 

 

f:id:Dragibuuuuus:20180413135704j:image